ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



MENSHO TOKYOでラム煮干中華そば(後楽園)

麺庄グループとはどうも相性がよろしくない。いままでいくつかの店舗にお邪魔したことはあるのだが、どれも創作色が強すぎるのかおいしいけれどなんだか、という気持ちになってしまっていた。そんなこともあって、こちらの店舗にもなかなか足が向かず。たまたま最寄り駅を通ったのでのぞいてみると並びなしだったので、えいやと飛び込んでみることにした。食べていないのに勝手なことはいえないのだ。

f:id:cattee:20180922142250j:plain

f:id:cattee:20180922142302j:plain

f:id:cattee:20180922142549j:plain


注文したのは「ラム煮干中華そば」(750円)。

f:id:cattee:20180922142341j:plain

f:id:cattee:20180922142401j:plain

これはすごい。立ち上るラムの香り。ここまで濃厚だとは思わなかった。苦手な人もいるであろうラムを堂々と使うのはかっこよさまである。臭みがまったくないとはいわないが、ラーメンのスープとしてはちゃんと成立している。

f:id:cattee:20180922142417j:plain


チャーシューは豚バラで柔らかい脂身がたっぷり。

f:id:cattee:20180922142427j:plain

これは間違いないおいしさ。この他に細かいラム肉がスープにひたっている。濃厚なスープをすすっていると唐突に肉片が口の中に入ってくるので、味が渋滞する。

f:id:cattee:20180922142440j:plain


麺は蕎麦のような仕立てになっている。

f:id:cattee:20180922142500j:plain

ボキボキとしていて、歯応えがある。しっかり噛む必要があるので、喉越しという意味ではあまりよろしくない。もちろんこの店にも麺ラボが併設されているので、自家製麺をしっかり味わって食べてくれというメッセージなのかもしれない。

f:id:cattee:20180922142517j:plain


結局のところやはり創作ラーメンだなという印象。ラムである必要があったのかと考えるとちょっと疑問に思ってしまうのだ。間違いなくおいしいラーメンだし、ラムという癖の強い素材をここまでラーメンに合わせるというのは単純にすごいことだと思う。ただやはり少し違和感がある。その違和感が何かと問われても説明はできないのだけれど。

そんなことを思いつつ、いま公式ホームページを見たら読み込み中に "pls wait a little, we SHIKOMI now" という一文が出てきた。そういうところなのかもしれないな。

 

ガチでやったら、年商5億になった件

ガチでやったら、年商5億になった件