ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



焼貝うぐいすで貝料理(鶯谷)

鶯谷の貝専門店。2年ほど前は大人気で予約しないと入れなかったのだけれど、最近はふらっといってもカウンターに座れることが多くてうれしい。

この日は後輩とご飯に行く予定で、なんとなく日本酒が飲みたかったのでこちらを勝手に予約して連れていった。

基本的に刺身と焼きの盛り合わせをおすすめされる。少々お高めではあるが、これを頼んでおけば間違いないという楽さからいつも頼んでしまう。今回は3名だったので、焼貝と活貝を3品ずつ(どちらも2,200円)いただく。

f:id:cattee:20180825192046j:plain


それに「おまかせつまみ3品」(1,500円)を頼んでおけば大体は事足りる。あとは貝をつまみながらお酒をいただくのみだ。

f:id:cattee:20180825192139j:plain


刺身はホタテ、赤貝、平貝だったか。どれも鮮度がよくて生臭さはない。いつもスーパーのお刺身ばかり食べているので、鮮度の違いを感じてしまう。

f:id:cattee:20180819155436j:plain


焼きはホッキ貝酒盗焼、白貝、大アサリのアオサ焼き。どれもこれもお酒に合うものばかりだから、ついつい日本酒に手が伸びてしまう。

f:id:cattee:20180825192034j:plain

f:id:cattee:20180819155440j:plain

f:id:cattee:20180825192131j:plain


最初は上喜元からいただき、醸し人九平次など有名どころのお酒をいくつかいただいた。このあたりのチョイスは後輩にまかせるなど、先輩面して楽させてもらった。

f:id:cattee:20180825192120j:plain


もう一品追加しようかとなり、ホタテステーキ(1,600円)を注文。これまではシンプルな焼き物ばかりだったのに、ステーキになると突然創作料理風になる。

f:id:cattee:20180825192150j:plain


日本酒がおいしくて、お酒に合う料理もおいしいお店はついつい会話が中心になってしまうし、今回はそれが目的だったからとてもいい夜になった。またひとりでカウンターで飲むときは料理を中心に楽しませてもらおうと思う。