ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



田中そば店 浅草店で山形辛みそラーメン(浅草)

浅草の煮干しの名店だった「中華そばつし馬」が閉店して、8月16日に田中商店の別ブランドである「田中そば店」がオープンした。ホームページ内ではリニューアルという表記になっている。

f:id:cattee:20180825185032j:plain


つし馬は少々特殊な煮干しだったので、浅草という観光地で考えればこってりも選択できる、田中そば店ブランドのほうが売上を考えやすいという判断があったのかしらという想像などしながら店に向かう。

f:id:cattee:20180825185122j:plain


食券は店外での販売機で購入するようだ。購入している最中に元気な女性店員さんが外に出てきて案内してくれる。

f:id:cattee:20180825185052j:plain


「中華そば」は何度か食べているので今回は初の「山形辛みそ」(980円)を選択。秋葉原や新橋に比べると高いのは観光地だからだろう。この価格でも勝算あってのことだろうし、理解できる。

f:id:cattee:20180825185105j:plain


調理オペレーションも少々機械的な印象を受ける。厨房内の担当がはっきり分かれていて、おそらくスープや仕上げをやっている店主さんがひとりで指示を出しているものと思われる。あとはアルバイトなどで対応できるほどマニュアル化されているということだろう。

f:id:cattee:20180825185113j:plain


着席して5分もかからないうちにラーメンがやってくる。システム化されても、見た目は大衆的でおいしそう。

f:id:cattee:20180825185218j:plain

 

f:id:cattee:20180825185231j:plain

 

山形辛みそということなので、いわゆる赤湯ラーメンということだろう。辛みそをまったく溶かさないでそのままスープを飲むと薄い味噌汁のよう。

f:id:cattee:20180825185254j:plain

もともとまかないの味噌汁からはじまったメニューという歴史があるそうなので、そういうことだろう。


麺は通常の中華そばと同じものかな。中太でやや縮れている。多加水でもちもちしている。

f:id:cattee:20180825185438j:plain


少しずつスープに辛みそを溶かしていくと、あっという間に赤く染まっていく。なかなか辛いぞ。にんにくも入っているようで、淡白だったベースのスープがどんどんおいしくなっていく。油に辛みそ、にんにくなんて旨味しかない。

f:id:cattee:20180825185336j:plain


田中そば店のチャーシューは正方形のイメージだったのだけれど、こちらのものはかなりサイズが大きい。脂もたっぷりで濃厚。3枚も入っているので気兼ねなくどんどん食べられるのもいいところ。

f:id:cattee:20180825185349j:plain


最後まで辛みそを溶かすとスープ真っ赤。後ひく辛さでどんどんスープを飲んでしまう。麺があまり主張しないなというイメージだったが、スープの辛味が増すとこの麺がちょうどいい。

f:id:cattee:20180825185405j:plain


最後までおいしくいただいた。いまのところお客さんは地元の方ばかりだったが、おそらく外国の方も増えていくだろう。立地は抜群なので繁盛しそう。浅草のラーメンの選択肢が増えるのはいいことだ。

 

めん 龍上海 赤湯からみそラ-メン 3食

めん 龍上海 赤湯からみそラ-メン 3食"