ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



珉亭で冷やし江戸っ子とチャーハン(下北沢)

冷やし中華2軒目はおなじみの珉亭にやってきた。

f:id:cattee:20180805234758j:plain

f:id:cattee:20180805234828j:plain

f:id:cattee:20180805234836j:plain

 

都内の冷やし中華の特集のたびに取り上げられている気がする。「モヤさま」や「みなさんのおかげでした」に取り上げられても雰囲気は変わらない。

f:id:cattee:20180805234809j:plain

 

お店に入ると地元の方であろうおじさまたちがみんなラーメンか冷やし中華をすすっている。お昼時だったこともあり1階は満席で、2階の座敷に通してもらう。

f:id:cattee:20180805234820j:plain



注文は「冷やし江戸っ子」(900円)と「チャーハン」(800円)をお願いした。

f:id:cattee:20180805234906j:plain

 

この注文も定番だろう。そしてさすが町の中華料理店、あっという間にどちらもやってきた。こういうところはこのスピード感がいい。

f:id:cattee:20180805234849j:plain


冷やし江戸っ子は通常の冷やし中華にキムチがのっている。看板メニューの江戸っ子ラーメンも同じ仕組みだ。

f:id:cattee:20180805234856j:plain


スープは昔ながらのシンプルな味付けで、基本は醤油と酢、砂糖のみらしい。強めの酸味が心地よい。ここにキムチがのっているのだけど、これもキムチというよりは少し辛めの白菜といった感じで、むしろ酸味も強いから徹底的に爽やかにしてやろうという気概が感じられる。

f:id:cattee:20180805231930j:plain


麺は中華料理店としてはとても硬めでコシもある。茹で時間はかなり短いのだろう。ラーメン店に比べれば柔らかめで、喉越しは劣るが、その分食べやすさがある。色褪せない町中華のおいしさがある。

そしてチャーハン。

f:id:cattee:20180805234938j:plain

こちらはもう超有名な赤いチャーハンである。赤い理由はチャーシューを赤く煮ているから。ただそれだけなのだけれど、これがまたおいしい。特別ぱらっとしているわけではなく、なぜおいしいのか説明はしにくい。熟練の技なのか、ただのノスタルジーなのか。おいしさには変わりはないが、少し気になってしまう。

f:id:cattee:20180805231932j:plain


冷やし中華を食べ終えたあとにひたひたのスープを少しだけ飲んで、ごちそうさま。うん、酸っぱい。今回も世界で3番目にうまいそばが食べられて幸せだ。

 

日清ラ王袋 冷し中華 しょうゆだれ5食パック 600g×6袋

日清ラ王袋 冷し中華 しょうゆだれ5食パック 600g×6袋