ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



博多蒸気屋で焼き立てどうなつ(福岡県・中洲)

うなぎを食べて地下鉄の駅まで歩いていると博多在住の知人が「このドーナツ食べたことある?」と聞いてくる。指でさされたほうを見ると蒸気屋というハイカラな店舗があった。

f:id:cattee:20180729004742j:plain

どうやら和菓子のお店らしく店内にはたくさんの種類のお菓子が並べられていた。なかでも「かすたどん」というお菓子が有名らしく、知人はそれを購入していた。

f:id:cattee:20180729004750j:plain

f:id:cattee:20180729004759j:plain


もともとは鹿児島発祥のお店で九州を中心に展開しているようだ。空港にもあるということで定番のお土産なのだろう。しかし「博多どうなつ」となっているのはなぜだろう。「鹿児島どうなつ」じゃないのか。

f:id:cattee:20180729004807j:plain


ドーナツは外の窓口で販売されている。うなぎでお腹はいっぱいだけれどせっかくなので一つ買ってみることにした。「焼き立てどうなつ」(87円)と平仮名表記となっている。

f:id:cattee:20180729004817j:plain

店名の気も旧字体が使われているし、レトロなブランディングをしているようだ。そこにきて「どうなつ」はいい商品だと思う。

f:id:cattee:20180729004825j:plain


商品名の通り揚げドーナツではなく焼いている。熱々で渡してくれるので、お行儀は悪いが駅のホームでさっそくいただいた。

f:id:cattee:20180729004835j:plain


ああ、これはおいしい。レトロなブランディングの通り、素朴な甘さがある。これは「ドーナツ」じゃなくて「どうなつ」だ。

f:id:cattee:20180729004846j:plain

生地はふわふわでどちらかといえばカステラに近い。おそらくシンプルな配合で作られているのだろう。卵の香りがお祭りを連想させる。

f:id:cattee:20180729004853j:plain


お腹はいっぱいだったけれどパクパク食べてしまって、あっという間に完食。電車がくるまえに食べきることができた。近くにこんなお店があったら毎日おやつに買ってしまいそうだな。