ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



串揚げ角打ち しらすくじらでいわし明太子(福岡県・博多)

丸秀鮮魚店を出て、もう一軒連れてってくれと知人にお願いする。どこがいいと聞かれたので、博多の人がいつも行くところでとリクエストする。鉄鍋餃子の店が満席で振られてしまい、どうしようかとしばし思案。

「博多駅の地下に『駅から365歩横丁』ってのがあって、そこにいつもいく居酒屋があるよ」

へえ、駅から365歩で着くのか。洒落た名前だな。ということでそこに連れていってもらうことに。

博多駅を反対側まで横切り、地下に入る。しばらく歩くと明るい場所に出た。

f:id:cattee:20180722003425j:plain


「駅から三百歩横丁」

300歩じゃないか。どっから65歩でてきたんだ。

f:id:cattee:20180722003551j:plain


奥の席に案内され、とりあえずレモンサワーをいただく。するとレモンが山ほど入った贅沢なものがやってきた。こりゃあいいな。

f:id:cattee:20180722003452j:plain


お腹はそれなりにいっぱいだったので、手作りきゅうりの1本漬け(350円)と名前がめちゃくちゃおいしそうだったホタテイカ下足バター焼き(500円)を。

f:id:cattee:20180722003538j:plain

f:id:cattee:20180722003718j:plain


さらにメニューから福岡名物を発見。「いわし明太子」を注文した。

それにしてもお安い。こちらは有名居酒屋「磯貝」系列のお店ということで、福岡県内ではかなりの人気らしい。実は東京にもあるらしいが、このお安さとおいしさは福岡ならではだろう。

f:id:cattee:20180722003728j:plain


いわし明太子は激烈な辛さで「こういうものなの?」と聞いたら地元民も「辛すぎ」と言っていておもしろかった。

レモンサワーを飲み終わったところで知人が芋焼酎をすすめてくれた。正直、あまり焼酎は飲まないし、芋は苦手なのだけれど、やはり地のものを味わいたい。飲み方はお湯割りがいいとのことでそれでお願いした。

f:id:cattee:20180722003755j:plain


芋焼酎のお湯割りは意外と飲みやすいものだということを知る。ええやないか。やはりそこには芋焼酎で発展した食文化があって、地元の方が一番おいしい組み合わせを分かっているということだ。こういうことがあるから地元の方と飲むのは楽しい。博多の夜はまだまだこれからだ。