ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



豊前裏打会 萬田うどんで萬田ぶっかけ(福岡県・薬院)

福岡といえばうどんも有名だ。ふわふわとした柔らかいうどんというものを食べてみたくて、福岡在住の知人におすすめのうどん店を聞いたところこちらを紹介された。

f:id:cattee:20180717223917j:plain

f:id:cattee:20180717224010j:plain


豊前裏打会というものを知らなかったのだが、北九州におけるうどんの一大勢力なんだそうだ。

f:id:cattee:20180717223931j:plain

f:id:cattee:20180717224000j:plain

 

なんだかヤクザのような謂れとは反対にお店はカフェのようにおしゃれで清潔感がある。奥にはテラス席らしきものまである。

f:id:cattee:20180717223842j:plain

f:id:cattee:20180717223844j:plain

f:id:cattee:20180717223850j:plain

 

メニューからおすすめであろう店名が名前に入っている「萬田ぶっかけ」(980円)の冷たいうどんを注文。

f:id:cattee:20180717223851j:plain


やってきたうどんはごぼうの天ぷらが見事だ。観音様の後光のようにキラキラしている。見た目のインパクトは大切である。

f:id:cattee:20180717224133j:plain

f:id:cattee:20180717224245j:plain


麺はやや細麺。

f:id:cattee:20180717224146j:plain

 

しこしことしていて、コシもある。聞いてたやつと違う!と思ったが、これはおいしい。しなやかで見た目もきれいだ。讃岐うどんに比べると粘りは弱く、逆に喉越しはとても良い。

f:id:cattee:20180717224225j:plain


とろろと温玉がトッピングされているので、しっかりかき混ぜて食べるのもいい。つゆもしっかり旨味があり、粘りのある具材も受け止めてくれる。

f:id:cattee:20180717224202j:plain


ごぼう天は口の中で刺さりまくるので、少しずつ口でちぎっていただく。

f:id:cattee:20180717224309j:plain

 

これだけでお腹いっぱいになりそうだ。調べてみると豊前裏打会はごぼう天がベーシックな具材らしい。

f:id:cattee:20180717224210j:plain


これだけおいしいと温かいうどんのつゆも気になるところだが、ごぼう天を食べきったところでお腹はギブアップ。いわゆる博多うどんの他にもこんなジャンルがあるのだから、九州の方のうどんに対する情熱はすごい。

博多うどんの進化を先に味わってしまった。元祖を食べていないのに。早めに博多うどん食べるぞと心に誓うのだった。

その後、結局福岡でうどんを食べることなく帰京することになるのだが、そのことを僕はまだしらない……。

 

ももち浜ストア 「うどんMAP」 (ぴあMOOK)

ももち浜ストア 「うどんMAP」 (ぴあMOOK)