ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



シェイクシャックでシャックバーガー(有楽町)

シェイクシャックは順調にハンバーガーチェーン店としての道を進んでいっているように思う。アメリカでは2015年に株式上場を果たし、日本でも既に10店舗。大阪にも進出して大行列ができているらしい。

f:id:cattee:20180709230933j:plain


こちらの国際フォーラム店は100席以上もある大型店で接客もかなりシステマチックな印象を受ける。客層ももはや流行に敏感な若年層といった感じではなく、サラリーマンのランチとしても機能しているから、規模拡大を考えるならいい傾向なんじゃないかと思う。

f:id:cattee:20180709231001j:plain


入口からレジまでパーテーションがあり、メニューは壁一面にかかれている。セットメニューというものは基本的に存在しないらしい。ということで「シャックバーガー」のシングル(710円)に「チーズフライ」(430円)、コーラ(330円)をそれぞれ注文。合計で1,500円程度。

フードコートでよくあるできあがったら鳴るベルを渡され、ひとり席を確保する。まわりにはサラリーマン風の男性のおひとりさまばかりだ。

f:id:cattee:20180709231013j:plain


10分ほどでベルが鳴った。ストローやケチャップ、マスタードなどはセルフなので受け取りカウンター横で準備し、席に戻る。このポテトにかかっているチーズソースがアメリカンだ。

f:id:cattee:20180709231030j:plain


さてハンバーガーをいただこう。いわゆるグルメバーガーとは違っていて、バンズがしっとり潰れているタイプなのが特徴である。一口目からしっかりパティを味わうことができる。

f:id:cattee:20180709231038j:plain


シングルではあるが個人的には十分肉感を味わえる。罪悪感を覚えてしまうほどにジャンクだ。これに関しては(当然質に違いはあるという前提で)マクドナルドと近いものがある。形状の食べやすさからさくっと食べ終えられるのも似ている。

f:id:cattee:20180709231045j:plain


それにしてもこのポテトのチーズよ。

f:id:cattee:20180709231054j:plain

これは完全に失敗した。おとなしくケチャップとマスタードで食べておけばよかった。このタイプのチーズソースはかなりくどくて、あまり量が食べられない。

f:id:cattee:20180709231019j:plain


満腹感はそれほどないけれど、胃の中のずっしり感は残しつつ退散。このハンバーガーが全国で受け入れられて、今後スタバのように定着して拡大していくのか楽しみだ。

 

バービー Celebrity Kelly : グリース シェイク シャックギフトセット N2688 (ピンクラベル)

バービー Celebrity Kelly : グリース シェイク シャックギフトセット N2688 (ピンクラベル)