ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



中華そば 満鶏軒で特製鴨中華そば(錦糸町)

いまさらながら麺魚のセカンドブランドである満鶏軒に来ることができた。こちらも春の開店当初と比べれば並びは落ち着いてきたようで、19時前頃に伺ったところ待ちなしで座ることができた。どちらかといえば麺魚のほうが並んでいる。これは鯛と鴨のコンセプトの分かりやすさによる違いだろうか。

f:id:cattee:20180705000510j:plain


塩がおすすめだとは聞いていたが、どうしても醤油の気分だったので「特製鴨中華そば(醤油)」(1,100円)を注文。特製にしてしまったのは気の迷いである。

f:id:cattee:20180705000533j:plain


やってきたラーメンはさすが特製。麺が見えないくらいに具材がてんこ盛りになった一杯。ちょんまげのように海苔が一枚ぺろんと立っている。

f:id:cattee:20180705000543j:plain


具材をかきわけてスープからいただく。「鴨と水だけ」というコピー通り、爽やかですっきりとしたスープ。それなのに旨味はしっかりとある。比べる対象ではないと思うが、麺魚よりも好みだ。

f:id:cattee:20180705000517j:plain


麺は全粒粉入りではなかった。コシのある中細ストレートで、こちらはスープの味を邪魔しないような仕立てになっているのだろう。

f:id:cattee:20180705000519j:plain


チャーシューは鴨ロースと鴨胸肉の2種類。少し動物臭さが残っているが、柔らかくておいしい。

f:id:cattee:20180705000520j:plain

f:id:cattee:20180705000522j:plain


小松菜と刻み葱が出汁感のあるスープによく合う。葱といっしょにスープを噛みしめる。味玉の半熟具合も完璧である。

f:id:cattee:20180705000621j:plain


後半は柚子胡椒をもらってスープに軽く溶かしてみる。これがまたすばらしくよく合う。味が強いので邪道といわれてしまうかもしれないが、鴨スープの旨味を引き立ててくれて最高だった。これはおすすめ。

麺魚と同じくチャーシューのボリュームに少々ペースを乱されつつ完食。柚子胡椒がすばらしすぎてスープまで飲み干してしまった。

おそらく麺魚と二択だったらこちらを選んでしまうだろう。でもどうしよう。友人と二人で来たときに、友人が麺魚を食べたいと言ったとしたら。友情をとるか鴨をとるか。それが問題だ。

 

tabete だし麺 京鴨だし鴨白湯ラーメン 102g (5個)

tabete だし麺 京鴨だし鴨白湯ラーメン 102g (5個)