ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



煮干麺 月と鼈で濃厚煮干つけ麺(新橋)

やはり定期的に煮干しが食べたくなる。ラーメンならなんでも好きで、淡麗系ももちろん食べるのだけれど、ふとした瞬間に食べたくなるのはやはり煮干しだったりする。近頃は濃厚煮干しというジャンルが確立されて店舗も増えてきたものだから、とんでもないドロドロの煮干しを食べすぎていて、もはや煮干し中毒に近付きつつあるのかもしれない。気を付けよう。

f:id:cattee:20180520223349j:plain


そんな衝動をおさえるために煮干しを食べにやってきた。濃厚な煮干しがつけ麺で食べられるお店である。店内にはいった瞬間から煮干しの香りがする。

注文は当然のことながら濃厚煮干つけ麺(850円)である。濃厚で煮干しでつけ麺なのだから期待するし、出てきたつけ麺はほぼ期待通りのビジュアルだったから味への期待も膨らむ。

f:id:cattee:20180520223401j:plain

f:id:cattee:20180520223638j:plain


麺は中太でやや縮れていてうどんのようだ。

f:id:cattee:20180520223319j:plain

 

つけ汁へつけるといっきに茶褐色に染まる。そのままずるずるとすすると濃厚な煮干しの風味がダイレクトでやってくる。求めていた味である。

f:id:cattee:20180520223321j:plain


つけ汁はしっかりと麺に絡むように粘度が強め。

f:id:cattee:20180520223530j:plain

煮干しのあとに動物系の濃厚な味がやってくる。タレ自体は甘めで煮干しのえぐみとのバランスをとっているのだろうか。濃度は個人的に好みである。

f:id:cattee:20180520223323j:plain


チャーシューは低温調理の豚ロース。脂は多めだが意外とさっぱりしているのでつけ汁で合わせるとちょうどいい。

f:id:cattee:20180520223325j:plain


これだけ濃厚に振ってくれると非常に分かりやすい。濃厚、煮干し、つけ麺というキーワードがあれば頭の中ですぐに「じゃあ今日はあのお店にいこうかな」と浮かんでくれる。

最後にスープ割りをしてつけ汁をいただく。ちょっとスープを多めに入れて煮干しがふわっと香る程度にして余韻を楽しんだ。おいしかったです。

 

「とみ田」つけそば 3食入

「とみ田」つけそば 3食入