ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ごくまるで熊本まぜそば(神田・淡路町)

磯野の跡地に熊本まぜそばなる店ができたと聞いていってきた。行く前に熊本まぜそばについて調べようと思ったのだが、あまり情報がない。ただ熊本のまぜそばはいわゆる東京のものとは違うということだけは分かった。

f:id:cattee:20180516223531j:plain


新店であることを感じさせない巨大な暖簾をくぐってお店に入る。すぐに券売機があって、まぜそばを購入。現状は他にメニューはないようだ。お値段650円は良心的。

f:id:cattee:20180516223519j:plain


カウンターから厨房を眺める。二人体制で一人が麺を茹で、一人がタレと具材トッピングを担当している。底に醤油系のタレを入れその上に麺をのせる。トングで軽くかき混ぜてから、挽肉、長ネギ、玉ねぎ、糸唐辛子をトッピング。最後にゴマと魚粉のようなものをふりかけて完成である。

f:id:cattee:20180516223544j:plain


「よくかき混ぜてお召し上がりください」とのこと。軽く混ぜると底にあったタレがあっという間に麺に絡んでタレが消滅。ぐりんぐりんと麺を回転させて、まんべんなくタレを絡める。

f:id:cattee:20180516223606j:plain


麺は細ストレート麺。九州だから?食感はちょい硬め。まぜそばなので喉ごしよりは口の中で残るこのくらいがちょうどいい。

f:id:cattee:20180516223432j:plain


味は醤油ベースで少し甘めだが、酸味もある。タレ自体は濃厚だがネギと玉ねぎのシャキシャキ感で爽やかになって食べやすい。

細麺なのでずるずると食べられる。食べ方だけ見れば、家で作るカップ焼きそばと似たような感じか。それにしてもこの味は初めての経験だ。

タレを均一に混ぜてしまったせいか最後のほうは単調な味になってしまった。味変アイテムはないようなので、途中で卵黄を追加してもよかったかもしれない。個人的には食べやすくて好みの味だったから、ピリ辛のバラエティメニューなんかも今後ラインナップされれば嬉しいなと思う。

 

ラーメンWalker九州2018 ラーメンWalker2018 (ウォーカームック)

ラーメンWalker九州2018 ラーメンWalker2018 (ウォーカームック)