ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



L'evoでフュージョンフレンチ(富山県・笹津)

富山県に行く機会は多くて、行く度にすばらしい場所だなと思っている。料理やお酒はおいしいのはもちろん、高岡銅器やすずがみなどの器もすばらしい。藤子不二雄先生の故郷だからかどうかはしらないが、アイデア性に富んだデザインのものが多い印象だ。

f:id:cattee:20180506220736j:plain


そんな富山県で一度は訪れてみたかったLevo。

f:id:cattee:20180506221655j:plain

こちらは富山県の食材を富山県の器で提供する地産地消にこだわったフレンチレストランである。

f:id:cattee:20180506221710j:plain

今回は念願かなってランチをいただくことができた。

f:id:cattee:20180506220813j:plain

 

気取った雰囲気はあまりなく窓から見える神通川がのどかな感じさえ与えてくれるから、あまり高級なところに慣れていない自分としてはありがたかった。

f:id:cattee:20180506220751j:plain


ワインを飲みたかったが車だったのでノンアルコールのゆずスパークリングを注文。

f:id:cattee:20180506221002j:plain

 

お料理はprologueからスタート。

f:id:cattee:20180506220839j:plain

 

白海老や牡蠣などが食材として使用されている。

f:id:cattee:20180506221120j:plain

f:id:cattee:20180506220926j:plain

f:id:cattee:20180506221035j:plain

マカロンのような赤ビーツのメレンゲにひな鳥のムースが入ったものなど、珍しい食べ方のものもありつつただ基本的には食べやすい。

f:id:cattee:20180506221021j:plain

f:id:cattee:20180506221104j:plain

フュージョンということで構えていただけれど、厳選された素材を王道にアレンジしているような気がする。

食事の合間に出てくるパンは3種類。米粉を使ったもっちりしたパンやバゲットなど。無塩バターでいただく。

f:id:cattee:20180506221139j:plain

f:id:cattee:20180506221209j:plain

f:id:cattee:20180506221220j:plain


前菜が終わると続いて新湊の真鰯と四方のホタルイカ。

f:id:cattee:20180506221242j:plain

f:id:cattee:20180506221254j:plain

 

富山県のどこで捕れたものかしっかりと書いてあるのがうれしい。マリネにされた鰯にのっているキャビアは自家製とのこと。

f:id:cattee:20180506221310j:plain

 

ホタルイカをクリームソースで食べるなんてはじめての経験だ。

f:id:cattee:20180506215353j:plain


Virgin eggとは鶏の初産み卵を使用した料理とのこと。

f:id:cattee:20180506221438j:plain

正直どれほどの味の違いがあるのかはわからなかったが、なんとなく雑味がないということなのだろうと理解した。山羊のチーズを使ったソースでさっぱり食べられる。

f:id:cattee:20180506215356j:plain



続いて魚津のシマガツオ。

f:id:cattee:20180506221454j:plain

大きなお皿の隅にちょこんと盛り付けられているのがかわいらしい。

f:id:cattee:20180506221504j:plain

カリカリに鱗が焼かれたシマガツオと山菜と野菜。料理が来るたびにどんな器でくるのだろうと楽しみになる。

f:id:cattee:20180506215359j:plain



メインは富山県産の豚を使ったステーキ。

f:id:cattee:20180506221524j:plain

富山県で豚肉のイメージはまったくなかったのだけれど、柔らかくて甘みのあるおいしいお肉だった。

f:id:cattee:20180506221534j:plain



最後にデザートは婦中のイチゴ。

f:id:cattee:20180506221546j:plain

ソルベになっていて中にはイチゴチップが入っている。マスカルポーネのエスプーマとトマトソースが入っている。

f:id:cattee:20180506221604j:plain

マスカルポーネの下にはジャムのような濃厚なイチゴが隠れていて、最後のデザートとして満足できる。

食後にコーヒーをいただいて余韻に浸る。

f:id:cattee:20180506221619j:plain

フレンチには明るくないのだけれどとても満足した食事だった。前衛的地方料理とあったから身構えていたのはなんだったのか。最終的にはその土地のものをその土地の器やものを使っておいしくいただいたというシンプルな感想になる。とても良い時間だった。そしてとてもおいしかった。