ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



にしき堂で生もみじ饅頭(広島県・広島駅周辺)

尾道ラーメンを食べたところでタイムアップ。もう新幹線のホームへ向かう時間となってしまった。せめてなにかお土産をとうろうろしていると生もみじ饅頭というものが売られていた。

f:id:cattee:20180415211615j:plain

もみじ饅頭は有名だから知っとる。あの中にあんこが入った焼き菓子やろう。B&Bのギャグは世代じゃないから知らんけど。

f:id:cattee:20180415211524j:plain


もみじ饅頭は10個いくらみたいな売られ方しているのにこれはひとつずつ売られていて、なんだか高級そうな包装までされている。

f:id:cattee:20180415211539j:plain

 

これちょうどいいかもしれないなと思って粒あんとこしあんをひとつずつ購入してみる。新幹線でのおつまみだ。

f:id:cattee:20180415211602j:plain


これから4時間半ほどの新幹線。お酒のひとつでも飲みたくなる。ホームで地ビールでも買ってやろうかしらと思ったのだが、450円くらいするからやめた。お高い。あと関係ないけど酎ハイの甘くないやつでアルコール度数高くないやつもおいてくれよ。ストロング系は嫌なんだよ。という心の叫びを書きつつ、ビールとストロングゼロを購入。

さて新幹線に乗り込み一息つく。

f:id:cattee:20180415211740j:plain

新幹線移動というのはいいものだ。この許された感覚がよい。移動中だから何もできないし、あとは帰って寝るだけだから酒を飲んでも問題ないだろうという諦め。いやまあ本気だせばPC開いてあれこれできるんだけど、もちろん本気なんて出さないぜ。

f:id:cattee:20180415211753j:plain


ビールをあけてさっそく生もみじをいただく。なるほど、皮がもっちりしているのか。もみじ饅頭はカステラ生地なのでどうしてもパサっとした食感になりがちで、あれはそういうもんだと済ませてもいいのだけれど、そこを改良した商品ということなのか。

f:id:cattee:20180415211802j:plain


謎のもっちり感はおそらく餅か米粉をつかっているのだろう。ちゃんと粘りもあって生菓子っぽい。個人的には通常のものより食べやすくてよいと思う。特にこしあんはおいしかった。広島土産のスタンダード的立ち位置を気付くんじゃなかろうか。もうそうなってるのかもしれない。