ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



五エ門で広島焼き(広島県・八丁堀)

広島遠いっすね。新幹線でいくか飛行機でいくか最後まで悩んだ結果、空港から広島駅の遠さと自由度で新幹線を選んだわけだが、やあ遠い。福岡だったら飛行機で諦めもつくのだけれど広島は悩ませてくれる距離感である。2度ほどうたた寝をしてもまだ岡山で、ようやく着いた広島駅は都会だった。

とりあえずホテルにチェックインして、さて飯だ。当初はひとりでいろいろとおいしいところをまわる予定だったのだけれど、これもいろいろあって数人で同行となったから店のチョイスは早々に放棄した。合流した面々がとりあえず繁華街のほうへいこうとなったのでついていく。

それにしてもだ。広島の名物といえば広島焼なんてことは猿でも知っている世界の常識なわけで、もちろん広島焼の店も多いと思っていたがまさかこれほどとは。石を投げれば広島焼屋さんにあたるんじゃなかろうか。行き当たりばったりに入った店も軒並み満席。平日ということを考えれば観光客だけじゃない地元の方もいるだろう。広島の県民食なのであろう。


そんな中、カウンターならあいているという一軒の店に腰を落ち着かせようと入ってみることにした。

f:id:cattee:20180415205852j:plain


とりあえずビールで乾杯。カウンターだから目の前の鉄板でおいしそうなものがたくさん焼かれている。よさそうなものをてきとうにそれと同じやつと注文。牡蠣が食べたかったがそれは売り切れということで涙を流す。

 

f:id:cattee:20180415205932j:plain

正確な料理名は覚えていないがまずやってきたのはもやしにのった牛ステーキ。ポン酢でいただくとこれがうまい。がちがちに高級な肉というわけではないが、脂の具合がちょうどいい。そして大量のもやしが最高だ。酒を飲む人間にとってはありがたい。写真がまずそうすぎるがおいしかった。

f:id:cattee:20180415205041j:plain


チーズが食べたくてチーズ焼きというものを頼んだらちょっと想像とちがうものがでてきて戸惑ったりもしたが、それはそれ。失敗を楽しんで食べることも大切だ。

f:id:cattee:20180415210039j:plain

その他注文したビールに合いそうなもの。

f:id:cattee:20180415210207j:plain

f:id:cattee:20180415210219j:plain


店名にもなっている五エ門巻きは僕の認識が間違っていなければ細巻き状の広島焼だ。中にはしっかり焼きそばも入っている。

f:id:cattee:20180415210108j:plain

もうこれでいいんじゃないかという気持ちになる。しかし、「広島焼き」という名称の郷土料理を食べなければいけない。それが名物というものだ。

f:id:cattee:20180415205048j:plain


店員さんにおすすめを聞くと全部入りのようなものが人気とのことでそれを注文。

f:id:cattee:20180415210151j:plain

うん、食べた。広島で広島焼きを食べた。これが大切なことである。食べたことのない人間には広島焼きのことは語れない。しかし僕は食べたのである。語る権利を手に入れた。当然のことながら味はおいしかったしボリュームも抜群だ。ただそれは些末なことで、広島で広島焼きを食べるという経験を積んだことを僕はこの夜の成果としたい。

 

みっちゃん総本店 冷凍お好み焼 (そば4枚)

みっちゃん総本店 冷凍お好み焼 (そば4枚)