ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



春木屋 郡山分店で新中華そば(福島県・郡山)

なんとなく車で福島県へ向かった理由の半分くらいあった食べたいお店の前に「貸切のため閉店」という悲しい貼り紙がある。そんなに食べたかったのなら事前に確認くらいしとけよという自らへの怒りを抑え込み、近くにあった春木屋へ車をはしらせる。

 

f:id:cattee:20180408220653j:plain

荻窪と吉祥寺にある春木屋がなぜここにという疑問はありつつも、昔ながらの中華そばというイメージからいままで食べたことがなかったので初体験が郡山というのもおもしろいなと気を取り直して入店。

 

f:id:cattee:20180408220700j:plain

メニューに中華そばと新中華そばの2種類があるから店員さんにちがいを聞いたところ、新中華そばのほうは煮干し量がとんでもないということらしい。好物の煮干しが濃厚になるならということで新中華そばのしょうゆ(800円)を注文。

 

f:id:cattee:20180408220725j:plain

やってきたラーメンは昔ながらというビジュアルではないものの、どこか懐かしさを感じさせる。少し濁ったスープを飲んでみると確かに煮干し感は強く、そしてかなり甘め。

f:id:cattee:20180408220115j:plain


麺は全粒粉入りの中太縮れということでどちらかといえば最近のパツっと歯切れのよいタイプ。さすが新中華そば、これはかなり好みだった。

f:id:cattee:20180408220118j:plain


チャーシューは特大サイズが一枚どーんとのっていてインパクトがある。肉の味も濃厚で食べごたえがある。

f:id:cattee:20180408220121j:plain


本家の春木屋さんを食べたことがないのでこちらの分店が再現されているのか、もしくはオリジナルの味なのかはわからなかったがいずれにしても個人的に好きなラーメンだった。福島県で食べた一発目が東京のラーメンというのも変な話だけれどおいしくないものを食べるよりはずっといい。幸先良いスタートということでいきましょう。

 

春木屋さんはいじっぱり (1) (MFC キューンシリーズ)

春木屋さんはいじっぱり (1) (MFC キューンシリーズ)