ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ラーメンコントで担々麺と餃子(浅草)

薄皮餃子の極みを謳うこちらのお店。

f:id:cattee:20180401143633j:plain

生餃子をテイクアウトできるということで購入したのが最初だった。正直なところあまり期待していなかったのだが、家で焼いてみるとこれがおいしい。薄皮で歯切れよく食べやすいのだ。そこから店でも食べるようになった。

f:id:cattee:20180401142115j:plain

f:id:cattee:20180401142037j:plain

f:id:cattee:20180401142034j:plain


さて、今回も餃子(300円)を注文。担々麺の中辛(850円)もお願いした。付きだし的に小皿にのったもやしが出てくる。

f:id:cattee:20180401143653j:plain

こういうサービスは最近あまり見なくなったけれど、昔の中華屋さんはどこでもあったねと懐かしくなる。

さて餃子。店で食べると薬味に大根おろしがついてくる。

f:id:cattee:20180401143705j:plain

ポン酢で食べるわけではなくてタレはあくまで酢と醤油にラー油。それなのに大根おろしかと不思議に思ったのだが、これも意外においしい。

f:id:cattee:20180401142054j:plain

皮の存在感がそれほど強くなく口溶けもよいので、中具をすぐに味わえるから大根おろしのさっぱり感と合うのだろうと思う。これが厚皮で口の中に皮ばかり残っていたとしたら、皮の味と大根おろしでまったく合わなかっただろう。薄皮だからこそだと思う。

こちらのお店で担々麺を食べるのははじめて。

f:id:cattee:20180401143824j:plain

麺に関しては一般的な中華屋さんという感じではあるが、懐かしさもあってそれがよいのである。中辛ということでそこそこ辛い。ズルズル麺をすすって、スープを飲み、餃子を一口食べる。これが中華の醍醐味である。

f:id:cattee:20180401142101j:plain


ランチじゃなければ瓶ビールで一杯やっていたが残念ながらこれから予定がある。もし晩酌でいかれることがあればおつまみにチャーシューを頼んでみてほしい。こちらの店は餃子とチャーシューで飲む場所なのだ。