ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



中華そば 四つ葉で特製四つ葉そば(埼玉・川島町)

ここまでくるのはなかなか勇気のいる決断だった。自宅から電車とバスを乗り継いで片道2時間ほどかかる。人気店だから並ぶことなどを考えると最低5時間は費やす覚悟がいる。そもそもラーメンってそういうものなの?みたいに嘯いてごまかしてきたがそろそろちゃんと埼玉県と向き合わなければならないと意志を持って行ってきた。

f:id:cattee:20180304224936j:plain


到着は11時半。駐車場はほぼ満席だ。しかし行列は数人ほど。よかった。

f:id:cattee:20180304224953j:plain

f:id:cattee:20180304224944j:plain


まずは食券を買う。特製四つ葉そば(1,030円)とチャーシュー丼(350円)。普段食べないミニ丼をなぜか注文。悪い癖で有名店にくると無理してたくさん食べてしまう。また次いつ来れるかわからないから食い貯めのような気持ちなのかもしれない。貧乏性なのだ。

10分ほどで入店することができた。カウンターでラーメンを作っている様子を見て待つ。職人のような大将がいるイメージだったが意外にも若い店員さんが多く、厨房内も和気あいあいとラーメンを作っていた。さらに10分ほど待ってついにラーメンがやってきた。家を出て2時間20分。ようやくだ。

f:id:cattee:20180304225006j:plain


特製だからチャーシューがとんでもないが、それをかきわけてスープをすする。思っていたよりも醤油のインパクトが強く、そのあとに鶏の旨味やってくる。ちょっと想像と違って驚いたが、それは一口だけで二口目からはもう違和感なくおいしさを感じている。

f:id:cattee:20180304224854j:plain


麺は少し硬めで歯切れがいいタイプ。のど越しよくスープと絡んでするする食べられる。

f:id:cattee:20180304224857j:plain


反対にチャーシューはこれでもかというほど入っていて食べても食べても減らない。薄めのチャーシューなので食べやすいのだけれど、それにしてもすごい量だ。スープの中には鶏チャーシューまでいる。

f:id:cattee:20180304224901j:plain

 

味玉は完璧。

f:id:cattee:20180304224904j:plain


さらにチャーシュー丼がやってきた。

f:id:cattee:20180304225043j:plain

 

こちらも豚と鶏を使っていて味付けはわさび醤油のようだ。これをぐわーっと口にかきこんで、ラーメンのスープをすする。漫画の食いしん坊みたいに食べる。

f:id:cattee:20180304224908j:plain


もう少し落ち着いて食べたらよかったのだけれど、勢いをつけないと食べきれないと思ったものだから。やあ、お腹がいっぱいだ。スープは飲み干したいくらいのおいしさだったのだけれど、ちょっと注文しすぎた。

帰りはまたバスと電車を乗り継いで2時間かけて帰宅。また行きたい。けれどなかなか行けないだろうな。そんなことを思っていたら知人から「四つ葉いったんだって?どうだった?」と聞かれた。おいしかったですよと答えると、「あそこは蛤そばがうまいんだよ」と言われ、えーそうなのー!となった。ちょっと待ってくれよ。また行かないといけないじゃないか。