ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



神谷バーで電気ブラン(浅草)

なんとなく電気ブランが飲みたくなって1階の立ち飲みスペースでいただいた。

f:id:cattee:20180304223455j:plain


何度もここには来ているがいつも1階で2階の「レストランカミヤ」、3階の「割烹神谷」は残念ながらまだ入ったことがない。というのもこの1階でもう満足してしまうのだ。

f:id:cattee:20180304223504j:plain

f:id:cattee:20180304223512j:plain


レジでお会計をして食券を買う。すべて相席なのでてきとうな席にすわって飲む。それだけだ。当然のように隣席の方とコミュニケーションが発生したりするのは下町だからか。

バーとあるのでなんとなく敷居が高そうなイメージが店に一歩はいると印象が変わる。席を探してきょろきょろしているとおじさんが手招きしてくれたりする。そんな感じの店である。

今回はさくっと一杯だけということで立ち飲み。電気ブランはずっとブランデーのことだと思っていたのだけれど、いろいろ聞くと厳密にはブランデーではなくカクテルなんだそうだ。度数のわりには甘くて飲みやすいと思っていたがそういうことだったのか。

f:id:cattee:20180304223529j:plain


こちらの店ではデンキブラン(270円)は30度のもの、電氣ブラン(370円)は40度のものとして販売している。僕はデンキブランのほうが好きだ。他にも電気ブランを使用したカクテルなどもあるのであまり度数が高いお酒が苦手な人も気軽に入ってみればいいと思う。

f:id:cattee:20180304223547j:plain



おつまみに定番の海老マカロニグラタン(730円)を注文。ちびちびデンキブランをいただく。

f:id:cattee:20180304223538j:plain


店内は大混雑でみんな楽しそうにお酒を飲んでいる。コミュニケーションに難がある僕なのでひとりで飲んでいるわけだけど、この雰囲気でなんとなく幸せになれる。だから僕は1階で十分なんだと思う。

電気ブラン、酔いつぶれた夜。君が泳ぐライトの海。なんて歌があったな。このままロック座へでもいこうかしら。