ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



上等カレーでトンカツカレー(神田・小川町)

関西風のカレーが食べられる店があるらしいということでやってきた。関西風とかいったけど、カレーがただ好きなだけで詳しいわけじゃないから関西風がどんなカレーなのかさっぱりわからないけど、まあ関西出身だし懐かしい気持ちになるんじゃないのかな。しらんけど。

f:id:cattee:20180204220841j:plain


いろいろ聞くところによると関西風というのは先甘後辛という四字熟語らしい。先に甘さがきて、後に辛さがくるということである。そのまんまだ。

あとカレーに生卵を入れるのは関西風らしい。しらなかった。いままで全国的にポピュラーなトッピングだと思っていた。幼い頃、母親が生卵、父親がウスターソースを入れていて、自分は母親派だったのでよく生卵を入れていたのだが、あれは地域性のあるものだったのである。カレーというのはむつかしいもんである。

f:id:cattee:20180204174230j:plain


こちらの上等カレーは無料で生卵がのっかってくるらしい。先に温泉玉子の食券を買ってしまっていたので返金してもらい生卵をお願いした。

注文したのは名物らしきトンカツカレー(880円)。しっかりオペレーションができているようですぐに提供される。

f:id:cattee:20180204220907j:plain


はじめは生卵を崩さずにそのまま食べる。

f:id:cattee:20180204174219j:plain


あ、甘い。ん、そして辛い。なるほど。これが例の新出四字熟語か。ひとつ賢くなった。

f:id:cattee:20180204174205j:plain


そしてえらいもんでこの味を懐かしく感じるのである。不思議な感覚だ。母親は先甘後辛カレーを作っていたのである。そしてそれが関西の文化なのである。知らず知らずのうちにそれで僕は育っていたのだ。こんなところで知るおふくろの味。玉子を崩して食べてもうまい。

f:id:cattee:20180204174227j:plain


そういうわけでこのカレーはべらぼううまい。懐かしい味ってのは舌が慣れているものだからおいしく感じないわけがない。関西のカレーが手軽に食べられるってのはこういう感覚なんだなと知る。きっとまた近いうちに来てしまいそうな気がする。それが思い出の味なのだろう。

 

エスビー食品 神田カレーグランプリ 4種アソート