ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



セントルでサンドイッチもろもろ(銀座・有楽町)

泣く子も黙るセントルである。これまで食パンは何度か食べたことがあるのだが、カフェを利用したことがなかったので予約をしてみる。平日だったからか前日の夜だったがすんなりと予約できた。

f:id:cattee:20180128003045j:plain


店に着くと既に食パンを求めるマダムたちの行列ができている。それを横目にカフェに入る。各テーブルにトースターがおいてあって、独特な雰囲気がある。端的に言えばビビる。

さて何を注文しようかしら。食パンは食べているのでサンドイッチに狙いを定めたところ、「1日限定10食」の文字が目に飛び込んでくる。

f:id:cattee:20180121233748j:plain

フィレカツサンドイッチ2,500円である。そんなの食べるしかないだろうと注文。いま考えると全然食べるしかないことないんだけど、完全にセントルという空気にのまれていた。

f:id:cattee:20180121233753j:plain


それから定番で人気のたまごサンドイッチ(900円)とプルマンを使用しているハムステーキサンドイッチ(1,600円)も注文した。完全にたのみすぎである。

まずはたまごサンドがやってきた。定番にして一番人気である。国内産麦で作られた角食を使用している。

f:id:cattee:20180128003134j:plain


これがまあパンがおいしい。サンドイッチでまずパンがおいしいという感想がでてくるのがすごい。もちろんたまごサラダもおいしいのだけれど、普段食べているサンドイッチと完全に異なる点がパンなのだ。もちっとした食感があるのに、いつの間にか口の中から消えている。これがすごい。

f:id:cattee:20180128003145j:plain


たまごサラダはマヨネーズ感は控えめで、どちらかといえば塩気がある。マヨネーズ量は減らしていて、サワークリームを入れているとどこかで聞いたことがあるが、この食パンと合わせるためだろうか。

ちなみに添えられているポテトチップスもおいしい。つい食べちゃう。さらについでだが、別で提供されるパンの耳までおいしい。とんでもない。

f:id:cattee:20180128003204j:plain


それからハムステーキ。こちらはトーストでやってきた。

f:id:cattee:20180128003214j:plain

 

マスタードがたっぷりついていて、トーストにはぴったりである。このハム自体がおいしいのに、さらにトースト、マスタードと黄金の組み合わせにより最高のサンドイッチになっている。

f:id:cattee:20180128003227j:plain


そして最後にフィレカツサンドイッチだ。もう見た目がすごい。

f:id:cattee:20180128003237j:plain

中心部は少々レアな揚げ具合のとんかつ屋で食べるようなフィレカツがやってきた。こんなのずるい。

f:id:cattee:20180128003248j:plain


サンドイッチの味としてはやはりたまごサンドがダントツでおいしい。もちろん他のものもおいしかったがとにかくたまごサンドイッチを食べてほしいと思う。この完成度のサンドイッチはなかなか食べられないと思う。

お会計はとんでもないことになったが、たまごサンドだけ食べていればそれほど高くない。ポイントは店の雰囲気にのまれないことである。重々気を付けていただきたい。

 

家庭で焼けるシェフの味 セントル ザ・ベーカリーの食パンとサンドイッチ

家庭で焼けるシェフの味 セントル ザ・ベーカリーの食パンとサンドイッチ