ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



らーめん仁家でとんこつラーメン(スカイツリー・押上)

ラーメンが食べたいなと6号線をふらふら歩いていると、ピカピカ光るお店がある。

f:id:cattee:20171203232436j:plain

なんだか6号っぽいよね、と思いながら、ネオンに群がる蛾の如く吸い寄せられてしまう。店内に入ると、お客さんがほぼ100%瓶ビールを飲んでいる。なるほど、そういうラーメン屋さんか。

f:id:cattee:20171203232445j:plain


カウンターに座りメニューを見るとラーメンが一通りあるようだ。どれがおすすめか分からなかったが、店主に聞く勇気もなかったので一番右に書いてあったとんこつラーメン(650円)を注文。のそのそと動き出すご主人。あっさりかこってりか聞かれるので、こっちりでお願いした。ゆったりしたペースでラーメンを作る。カウンターのお客さんからはおつまみの注文がちょくちょくとんでいる。

f:id:cattee:20171203232453j:plain


10分ほどでラーメンが到着。チャーシューがでーんとのっかっている。具材にほうれん草ということは家系なのだろうか。スープも醤油豚骨っぽい色味をしているし、脂もういているが、家系とはなんだか少し違う。一口のんでみるとやはり少し違う。

f:id:cattee:20171203225732j:plain

意外とあっさりしていて、家系ラーメンのような胃にもたれる感じがない。食べやすくてこれはこれでよい。

f:id:cattee:20171203225735j:plain


チャーシューも特別感はないが、脂っこいわけではなく食べやすい。

f:id:cattee:20171203225738j:plain

21時という時間帯にはちょうどよい味かもしれない。あいかわらず他のお客さんはつまみを食べ、ビールを飲んでいる。家系ほどカロリーがあるとビールを注文するのに罪悪感がすごいから、これぐらいの濃厚さに調整してくれているのだろう。次はまずビールから入ろう。

 

サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油 116g×12個

サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油 116g×12個