ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



角打ワイン 利三郎で立ち飲みワイン(押上)

もつ焼き屋で一杯やって時間は21時過ぎ。そういえばワインの良い店が近くにあったはずとフラフラ住宅街を歩いていたら灯りを見つけた。人気店というのは知っていたがこの立地にこの時間で店内はほとんど満席。回転が早いからか待っているお客さんこそいなかったが、後から人が入ってくる。

f:id:cattee:20171124004609j:plain


お酒も料理もすべて500円という明快さは素直に好感がもてる。ワインにはあまり詳しくないが、きっとお値段以上の価値あるワインなのだろう。

f:id:cattee:20171124004621j:plain

とりあえず白ワインから。僕のような人向けにか黒板にはワインの銘柄の横に「エレガント」や「なめらか」などの特徴が書いてあって分かりやすい。

f:id:cattee:20171124004636j:plain

とりあえず「すっきり」と書かれていたソーヴィニヨンブランを注文。

f:id:cattee:20171124004645j:plain


料理はゴルゴンゾーラをのせたポテトサラダと本日のスパニッシュオムレツを注文。どちらもお酒好きには最高の料理だと思う。ボリュームも500円ということで少な目ではあるが、二軒目にワインを飲むにはちょうどよい。

f:id:cattee:20171124004704j:plain

f:id:cattee:20171124004737j:plain


こうなったら赤ワインも。「フルーティー」と書かれていたピノノワールを。特徴が書いてあると飲んだときにこれがフルーティーかと答え合わせができるので、素人としてはありがたい。

f:id:cattee:20171124004751j:plain


なんだかどんどん飲みたくなってしまったのでフレンチフライを追加。やあ、いいですね。500円という価格なので安心してワインを楽しめる。

f:id:cattee:20171124004805j:plain

立ち飲みなのでいわゆる居心地の面を考えると、少し思うところはあったがこのクオリティと価格であればまた来たいと思う。ひとりで気軽に立ち寄れるのもありがたい。結局閉店間際までいてしまって、お店の写真を撮ろうと思ったら灯りが消えていた。次はもう少し早い時間に立ち寄ろう。

f:id:cattee:20171124004554j:plain