ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



カルボで焼きスパゲティミートソース(浅草)

国際通りを北上していると唐突にあらわれる力強い看板。ぶっとい腕がフォークを握りしめ、パスタを巻いている。

f:id:cattee:20171124000938j:plain

こちらのお店はボリューム重視のスパゲッティ(パスタではないらしい)を提供している。事前に茹でておいた麺を一日冷蔵庫で熟成させ、それをフライパンでしっかり焼いて仕上げているらしい。だからモチモチした麺なのに焼き色がついて、カリッとした食感も楽しめる。

f:id:cattee:20171123233737j:plain

麺量は200g、400g、 600g と選べるのだけれど、これが僕にとっては少し困りもので、200gだと少ないのだが、400gを食べる自信はないのだ。これを読んだみなさんはうるせえなあという感想をお持ちかと思うが、そうなのだから仕方ない。ということで400gの食券を購入し、300gでという注文をさせていただいた。

f:id:cattee:20171123233733j:plain


店名はカルボということでカルボナーラがおすすめなのだけど、この日はミートソースが食べたかったので粉チーズを追加(50円)して注文。

f:id:cattee:20171124001020j:plain

これでもかとたっぷり粉チーズがかかったミートソースがやってきた。この豪快さが焼きスパゲッティである。そして一番の特徴はこの太麺。

f:id:cattee:20171123233748j:plain

これがもっちりしておいしい。味に飽きたら卓上のチ~ズパン粉を投入しよう。もちろんタバスコもあるから味変しながら楽しめる。

f:id:cattee:20171124001120j:plain

f:id:cattee:20171124001130j:plain

ちなみにこちらがカルボナーラ。麺量は200g。

 

f:id:cattee:20171124001150j:plain


そしてやはり300gがちょうどよかった。隣の男性は600gを残されていた。おいしくご飯を食べるために、自分の食べられる量を把握するのは大事だと思う。おそらく400gだったら僕も残していたと思う。きれいに食べきることができて、ホッとするのだった。