ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



竹末東京Premiumで鶏ホタテそば(押上)

あまり強いラーメン屋がない墨田区だが、こちらのお店は激強かった。東京スカイツリーから少し歩く場所だからか、休日でも並びは数人程度ですんなり入ることができた。

f:id:cattee:20171029113838j:plain

食べたのは「鶏ホタテそば」(900円)。理由はホタテが好きだから。ホタテ味のスープなのかと思ったが、鶏白湯にホタテペーストを加えたものらしい。

f:id:cattee:20171021170005j:plain


カウンターと調理台の間の敷居が低く、ど目の前でラーメンを作る様子を見ることができる。これがウリのひとつなんだそうだ。そこそこに派手なアクションがあるので、水などが飛んでこないかと思ったが、さすがそこはプロである。華麗なラーメン作りを見ることができた。

f:id:cattee:20171029113900j:plain


やってきたラーメンは見た目も色鮮やかでおもしろい。

f:id:cattee:20171029113916j:plain

奥に添えられているホタテペーストは少しずつ溶かしながら、味を変えて楽しむということで、まずはそのままスープをすすると、かなり濃厚な鶏白湯+醤油味。

f:id:cattee:20171021170028j:plain

麺は少し縮れ目の中細麺。しこしことしていて、濃厚なスープに合う。

f:id:cattee:20171021170012j:plain


チャーシューは3種類。日によって部位が変わるらしい。この日は牛すじと低温調理チャーシュー、それからローストビーフが入っていた。牛すじが濃厚でおいしい。

f:id:cattee:20171021170016j:plain

f:id:cattee:20171021170020j:plain

f:id:cattee:20171021170024j:plain


ホタテペーストを混ぜるほど味が濃くなり、塩っ気も強くなるが、玉ねぎや青ネギを間に挟みつつ食べると、その都度口の中がリセットできるので、味変を楽しみながら完食することができた。

ライブ感というエンタテインメント要素と、斬新な味の切り口。ここまで突き抜けつつ、おいしいラーメンを提供するというなかなかできないことをやっているからこその人気なんだと思う。これは強いよ。

 

ラーメンWalker栃木2017 ラーメンWalker2017 (ウォーカームック)

ラーメンWalker栃木2017 ラーメンWalker2017 (ウォーカームック)