ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



稲庭うどんとめし 金子半之助で稲庭うどんと天ばらめし(日本橋)

最近の金子半之助の出店ペースはおそろしいものがある。いろいろなチャレンジをする会社だなというイメージはあったが、それぞれにちゃんとコンセプトあって分かりやすいところはとてもいいと思う。

f:id:cattee:20171022215842j:plain

 

こちらのうどん店、ウリは卓上にある蓋。

f:id:cattee:20171022215901j:plain

開けるとたくさんのトッピングが入っていて、食べ放題となっている。

f:id:cattee:20171022215915j:plain

セルフ系のうどん屋さんでもトッピングは割と自由にできるけれど、このレベルの具材が入れ放題というのはなかなかないだろう。それにそれが卓上にあるというのは贅沢感がある。

f:id:cattee:20171022220024j:plain

f:id:cattee:20171022215929j:plain


それから金子半之助の天ばらめし、つじ半のぜいたくめしをセットで食べることができるというのもかなり強いセールスポイントになっていると思う。それぞれの業態でブランドを培ったからこそできる戦略だ。このあたりは素直にすごいなと感心する。

f:id:cattee:20171022220036j:plain


注文したのは「稲庭うどん(冷)と天ばらめし」(1,280円)。今回は冷たい麺が食べたくてざるうどんにしてしまったが、トッピングを楽しむなら温かいうどんのほうがいいと思う。

f:id:cattee:20171021165914j:plain

稲庭うどんの独特のつるみとしなやかさはしっかりとあり、トッピングの多さで飽きさせない。なんと分かりやすいことか。そしてセットの丼ものでさらなる満足感を演出する。これで1,280円。個人的にはとてもお得感があると思う。

f:id:cattee:20171022220117j:plain
貧乏性なもので、特に意味はなく温泉卵とを丼に落としてみた。必要だったかどうかはわからないが、得した気持ちになった。それが大切なんだよ。きっとね。