ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



佐市で牡蠣つけ麺(錦糸町)

牡蠣ラーメンはたまに聞くが単に牡蠣が具材としてトッピングされたものが多く、こちらの店のように牡蠣でダシをとったラーメンが食べられる店はあまり知らない。その理由は、単純に牡蠣の原価が高いのではないかということと、余程の研究がなければえぐみの強いスープになってしまうからではないかと想像している。

f:id:cattee:20171020230837j:plain


そういう意味でこちらのお店は牡蠣に対して真摯に向き合って、商業ベースにのせられるような研究開発があったのだろうと思うと、相当な努力だったのではないかと思う。お値段が多少高めなのは致し方ないところだろう。

f:id:cattee:20171020230906j:plain

以前にラーメンは食べたことがあったので、今回はつけ佐市麺(1150円)を食べてみた。つけ麺ということでより濃厚なスープとなっており、それに比例して牡蠣の苦味や香りは増している。個人的には好きな味だが、ここまでいくと好みがわかれるかもしれない。

f:id:cattee:20171020230916j:plain

f:id:cattee:20171020230925j:plain

ラーメンを食べたときはつるつるとした麺のせいでスープとの絡みが弱いなと思っていたのだけれど、つけ麺はより濃厚なためちょうどよい塩梅になっていたのはよかった。

f:id:cattee:20171020230123j:plain

ダシに旨味がしっかりでているので、むしろトッピングの牡蠣はいらないんじゃないかというくらい、牡蠣を食しているという満足感は高い。

f:id:cattee:20171020230134j:plain

f:id:cattee:20171020230126j:plain

ともすればバラバラになりがちな牡蠣という個性的な素材をここまでバランスよく仕上げることがすごい。

f:id:cattee:20171020230119j:plain

とはいえ、やはりスープの味が走りすぎな感じは受けるので、ラーメンとしての完成度としてではなく、牡蠣ラーメンとしての味を求めていったほうがいいと個人的には思った。