ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



野郎ラーメンで野郎ラーメン(海浜幕張)

いわゆる二郎系というものに挑戦したい気持ちはあるのだけれど、なかなか勇気がでない。特に本家であるラーメン二郎に行くのはかなり怖い。なんか怒られそうだし。やあ、怒られるの嫌なのよ。と唐突にオネエっぽい口調になるほどに嫌で、なんでおいしくご飯を食べに行こうと思っているのに嫌な気持ちにならなければならないのか。お店のルールもあると思うのだけれど、怒られたら悲しいよね。そんなこんなで二郎系にはあまり手を出せないでいる。

そんな中でこちらのお店である。海浜幕張で用事があり、お昼をどうしようかと悩んでいると見つけた。厳密には二郎系ではないらしい。しかし固定ファンも多く、多店舗展開をしていることから人気であることはうかがえる。僕のような初心者にはいいかもしれないと勇気を出して入店。

オーソドックスな野郎ラーメン(750円)というものを注文。いろいろと聞かれたらどうしようかと思ったが特に何も言われなかったので一安心。

やってきたラーメンは想像していた二郎系とは少し違っていて、ただもやしが多いだけだった。もはや野郎ラーメンは二郎方面に走ることはやめて、野郎ラーメンという独自の道を歩んでいるようだ。やたらメニューも多いし。

f:id:cattee:20171015230726j:plain


スープも比較的マイルド。二郎はちゃんと食べたことはないが、世の濃厚系のラーメンと比べても別段脂ぎっているというわけでもなく、ジャンク感も意外と薄い。

f:id:cattee:20171015224947j:plain

どちらかといえばいわゆる「おいしいラーメン」を目指しているような感じさえうける。期待外れ、というわけではないけれど、想像とは少し違っていたから経験値という面で見れば、それほどではなかったと思う。

f:id:cattee:20171015224943j:plain


ただラーメンとしてはしっかりと食べさせる仕立てになっていて、スープも飲みやすくちゃんと食べきれてしまった。もしかしてこれだけもやし食べたら体いいんじゃないかと思った。そんなわけないよ。

 

サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎 137g×12個

サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎 137g×12個