ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



鯛屋 たけ丸本舗でお好み焼き鯛焼き(神田)

神田周辺には鳴門鯛焼や達磨などの硬派なたい焼き屋があり、世のたい焼き好きたちの心をとらえて離さない街のひとつになっているわけだが、正直なことをいわせてもらうとちょっと変わったたい焼きも食べたいよね。そもそもあんこよりカスタードのほうが好きだし。

f:id:cattee:20171009163231j:plain

というわけで気になっていたこちらのお店へいってみることにしたわけだけれど、もう軟派も軟派である。いちご大福パイ焼きや抹茶豆乳パイ焼きなど、もはやたい焼きですらないメニューが並んでいる。ここまで振り切ってくれると好感がもてる。

f:id:cattee:20171009163245j:plain

f:id:cattee:20171009161133j:plain


お好み焼き鯛焼き(250円)を昼食に。デザートにクリーム(170円)を購入。こういうの、こういうの。おじさんが食べたいのはこういうやつなのよ。これを公園でひとり寂しく食べるわけよ。注文してから焼くといったことをするわけではもちろんなくて、スピード重視で既に焼いて並べてあるやつをさっと渡されるだけなんだけど、むしろそれでいい。いちご大福パイ焼きを買っているところを同僚に見られるおじさんたちのリスクを考えれば、スピード重視が正しい顧客戦略である。

f:id:cattee:20171009163323j:plain


さて、お好み焼き鯛焼きであるが、値段が値段なだけありずっしりと具材も入っており、しっかりとお好み焼き感のある仕上がりだった。

f:id:cattee:20171009163343j:plain

中身はこんな感じ。

f:id:cattee:20171009163357j:plain

ひたすらに食べにくいが、それはこういう食べ物の宿命みたいなものなので仕方ない。単純においしかった。ちなみにクリームはただただ普通だった。

f:id:cattee:20171009163313j:plain


僕が購入している最中に数人後ろに並んでいたのだけれど、当然のように全員おじさんだった。もう、みんなお好きなんだから。