ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



丸一でロースかつ定食(蒲田)

蒲田で電車をおりようもんならもう口がとんかつを求めてしまう。あまり並んでいないことを祈って、商店街を通って丸一へ向かう。

f:id:cattee:20171002235935j:plain

並びは8人ほど。これなら待てるということで、一番うしろに並ぶ。待っていると注文をとりにきてくれたので、極上ロースかつ定食と伝えると既に売り切れとのこと。であれば、ここは素直にオーソドックスなロースかつ定食(1,300円)を注文。
f:id:cattee:20171002235951j:plain

f:id:cattee:20171003000019j:plain

30分ほどで店内に。愛想のよいおばあちゃんが「ちょっと待ってね」と声をかけてくれる。すぐ目の前で店主が調理するところを見られるライブ感。流れるような動きでパン粉をつけて油に放り込まれる肉たち。タイマーもないのに躊躇なく揚げられていく。

f:id:cattee:20171003000034j:plain

程なくしてやってきたロースかつ定食。見た目はがりがり感のある衣。林SPFということで肉の中心部分はレアではあるが、檍の特上のような赤さはない。これくらいがちょうどよいなと思う。

f:id:cattee:20171003000046j:plain

一口。思ったよりもサク味のある衣とやわらかい肉がすばらしい。衣が剥がれることもなく、肉の甘みと衣の油感が合わさって口の中にジューシーさが広がる。これはうまい。肉の旨さももちろんあるのだけれど、これは揚げ方もすばらしいのだと思う。これは経験の成せる職人技なのだろう。

f:id:cattee:20171003000055j:plain

これで1300円は破格である。

f:id:cattee:20171003000109j:plain

そして添えられている豚汁のおいしいこと。なんだろうこの素朴なおいしさ。たまらんよね。トンカツに豚汁。豚のうまさを味わうには最高の組み合わせということか。食後の幸福感がすごい。駅までの道のりで感じる余韻がたまらなくよかった。

 

BRUTUS (ブルータス) 2017年 8月15日号 No.852 [とんかつ好き。] [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2017年 8月15日号 No.852 [とんかつ好き。] [雑誌]