ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



銀座みゆき館 銀座2丁目店で和栗のモンブラン(銀座一丁目・有楽町)

モンブランが好きだ。むかし、お金がなかったときにどうしてもモンブランが食べたくなり、自分で作ろうとしたことがある。当時、マロンペーストなんていうものがあるなんて知識はなく、栗を買ってきて甘く煮て潰そうと考えた。スーパーに栗を買いにいったら栗自体の高さに卒倒し、結局さつまいもを買って帰った。そのとき作ったさつまいもケーキはやはりモンブランではなく、心が貧しくなった記憶がある。

そんな思い出がある程度にはモンブランが好きだ。そしてモンブランについて本気出して考えると、いつもこの店が頭に浮かぶ。

f:id:cattee:20170921231402j:plain

銀座という立地から控えめに考えてもお値段は702円とお高め。熊本産の栗を使った和栗のモンブランは、なんというか結婚式と二次会の間に食べたい一品だと個人的には思う。

f:id:cattee:20170921231423j:plain

無糖クリームなので栗の甘さがダイレクトに伝わる仕立てになっていて、なんという贅沢さだろうと思う。こんな贅沢なものを食べられる年齢になったことに誇らしさを覚えるとともに、芋を栗だと思おうとした幼き頃の自分を思い返し、涙が溢れる。

f:id:cattee:20170921231513j:plain


ケーキとしての完成度というよりは、とにかく栗を味わいたいという人のためのモンブランだと思う。もちろんコーヒーもセットで飲むべきで、銀座、モンブラン、コーヒー、時間潰しという要素をまとめて味わってこその味わいがあるお店だ。