ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



一元屋できんつば(半蔵門)

商談のための手土産を買わなきゃ買わなきゃとバタバタしている最中に半蔵門で仕事があり、何かないかとあたりをキョロキョロしていたら見つけたきんつばの文字。ええやないかと飛び込んでみる。お店の手前側には洋菓子もあったりして、わてら伝統だけにこだわっとるわけやあらへんで感が非常に良かったので購入することに決めた。

f:id:cattee:20170905232936j:plain

名物のきんつばを10個と個人的に食べるように3個購入。10個入りだと化粧箱に入れてくれるので賞味期限が伸びるらしい。

f:id:cattee:20170905232948j:plain


お客さんに渡す前に自分が食べておかなければいかんなという建前でもって、さっそく口にする。老舗感のあるほんのりとした甘さ。塩気がかなり強いので、甘さが引き立つのだろう。それほど甘々しい感じがないのに、しっかりと甘い。肝心の写真を撮り忘れるくらい夢中で食べてしまった。

f:id:cattee:20170905233002j:plain

こういう昔菓子を知っていると通ぶれるよねということで、いつかまた手土産に使おうと考えている。あとで知ったのだが最中もうまいらしい。しまった。どちらかといえば最中のほうが好きだったのにまったく目に入らなかった。

ところであの洋菓子たちはなんだったのだろう。きんつばと最中だけの和菓子屋という情報がいくつか入ってきたのだけれど。謎を確かめるためにもう一度いってみるか。