ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



古屋旅館で会席料理(静岡県・熱海)

熱海の夜は古屋旅館に宿泊。料理がおいしいという評判のみで決めた宿ではあったが、やはり料理がおいしいといことでサービスもすばらしいし、お風呂もよかった。部屋にも露天風呂がついていて、満腹のお腹を減らすのに役立つ。

夕食は懐石料理。飲み物はせっかくなので地ビールを注文。

f:id:cattee:20170812103406j:plain

食前酒、先付からはじまる。モッツァレラチーズ、アボカド、トリュフなどにシャンパンゼリーというものがかかっている。なかなか甘く、独特な味だった。

f:id:cattee:20170812103422j:plain

前菜も凝っている。雲丹の煮こごりや南瓜とフォアグラなど、普段絶対に食べないような料理が並ぶところが旅館のよいところだ。

f:id:cattee:20170812103434j:plain

お吸い物にはがっつりと大きな松茸が入っていた。それにゼラチン状の膜のようなものがかかっている。見た目が美しい。

f:id:cattee:20170812103444j:plain

お造りは鯛やトロ、海老など。トロの脂は年齢的になかなか厳しいものがあったが、お酒はすすむ。

f:id:cattee:20170812103500j:plain

f:id:cattee:20170812103510j:plain

小さい器をあけると、雲丹がたっぷり。これはうれしい。

f:id:cattee:20170812103521j:plain

焚合せがあり、次はステーキ肉がどんとおかれる。ここらで一旦休憩したいと申し出る。次の料理はゆっくりめでお願いします。

f:id:cattee:20170812103543j:plain

ステーキ肉はこちらも脂がしっかりしているので、よく焼いて脂を少し落としてからいただく。塩もあったがポン酢のほうがさっぱりとしていて食べやすい。もちろん和牛で甘みがしっかりとあり、間違いのないおいしさ。

f:id:cattee:20170812103533j:plain

満腹具合はそれなりのレベルまで達していたが、うどん、胡麻豆腐を腹に入れる。旅館にくるといつも思う。自分が大食いだったらよかったのに、と。

f:id:cattee:20170812103603j:plain

f:id:cattee:20170812103612j:plain

そして焼き物。蒸しタラバ炙りである。ここで蟹が食べられるのはうれしい。さっと身をはがして一口でいただく。満腹だがうまい。

f:id:cattee:20170812103620j:plain

そして最後に蟹飯と赤出汁。最後までなんとか食べきることができた。

f:id:cattee:20170812103632j:plain

f:id:cattee:20170812103640j:plain


評判に違わずすばらしい食事だった。もうそこそこ良い年齢になってきたので、あまりアクティビティにこだわらず、旅館の食事で旅行の行き先を決めるというのも悪くないなと思う。そしてこの後はもう一度部屋の露天風呂に入り、ちびちび酒を飲むのだ。ああ、体に悪い。だがそれがいい。

 

ちなみに朝食はこちら。こんなに食べられるわけない。

f:id:cattee:20170812103702j:plain

 

 

るるぶ箱根 熱海 湯河原 小田原 (国内シリーズ)

るるぶ箱根 熱海 湯河原 小田原 (国内シリーズ)