ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



萩の茶屋で長太郎と肉(高知県・土佐市)

高知2日目。高知在住の友人がどうしても連れていきたいと車にのって30分。オープン前に到着するのが無難とのことで、地元でも相当人気店なのだろう。事実、到着してまだ少し時間があったので車の中で待機していたら、どんどんと駐車場に車が入ってきて行列ができていた。

f:id:cattee:20170806111238j:plain

f:id:cattee:20170806111247j:plain

f:id:cattee:20170806105623j:plain
11時の開店と同時に入店。メニューを見るとなんでもある。海鮮系のお店かと思ったら焼肉もあるし、定食もあるし、うどんやそばもある。しかし、こちとら旅でやってきた身、ここで定食なんて頼んでいられるわけがない。まずは貝とカルビを注文。確かに焼肉屋には海鮮もあるが、海鮮メインでついでに肉を焼くのははじめてかもしれない。

f:id:cattee:20170806111316j:plain


貝は長太郎というやつと、さざえに蛤。長太郎ってなんじゃと待っていたら、なんとカラフルな貝がやってきた。見た目はホタテのようだが、色がとんでもない。よくわからないがとりあえず焼いてみる。

f:id:cattee:20170806111327j:plain

f:id:cattee:20170806111412j:plain

f:id:cattee:20170806111401j:plain


焼いた貝がまずいわけがなかろうということでべらぼううまい。貝の合間に肉を焼く。カルビはとんでもない脂身が出てきたものだからどうしたものかと思ったが、焼いてみると意外と食べられる。

f:id:cattee:20170806111352j:plain


そしてここでも鰹のたたきを注文。これがまたうまい。当たり前ではあるが都内のスーパーの冷凍ものとは違う。いま僕は本物の鰹のたたきを食べている。

f:id:cattee:20170806111342j:plain

地元民が連れてきたいというお店は期待に違わぬ最高の地物海鮮が食べられる店だった。

 

るるぶ高知 四万十'18 (国内シリーズ)

るるぶ高知 四万十'18 (国内シリーズ)