ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



さくらで流しそうめん(六本木)

夏だからやっぱりそうめんは流したいし、スイカは割りたい。しかしながら現実的にはなかなか実現が難しいのは、設備的投資、及び時間的投資が膨大だからだ。東京においてそれほどのスペースを確保できる場所がいくつあるだろうか。

そんな課題を銭で解決しよやおまへんか、と後輩からの誘い。ノコノコと六本木まで出向いてみたら、なんだかキレイな和食屋さん。

f:id:cattee:20170717004347j:plain

ほんまにここかいなと店内をきょろきょろ見回していたら、おかみさんらしき方が「屋上でやっとるよ」という。階段をあがって屋上にいくと後輩たちがキャッキャとそうめんを流しておった。

f:id:cattee:20170717004358j:plain


「先輩、おひとつどうですか?」

ほな、よばれまひょかと箸を手にひょいっとそうめんをすくおうとしたところ、小生意気な麺の野郎は僕の箸をするりとすり抜けて流れていく。こりゃあなかなか難しいわい。迎えにいかずに、待ち構えておくのがコツのようだ。

f:id:cattee:20170717004408j:plain


そうめんをひょろひょろいただくと、今度はおかみさんが巨大なスイカを持ってやってきた。まさかの大都会六本木でのスイカ割りである。ただまあ、それは都会の悲しいところでスペースの狭さはいかんともしがたく、流しそうめんの竹をずずっと横に寄せてのスイカ割りとなった。スイカを食べたのは10年ぶりくらいだったが、相変わらずあんまりうまくなかった。

f:id:cattee:20170717004419j:plain

f:id:cattee:20170717004437j:plain

f:id:cattee:20170717004445j:plain


そんなこんなのアクティビティが終わり、飲んで食ってさて帰ろうとなったわけだがお会計は目玉の飛び出る金額でいっきに現実に引き戻される。これが大都会東京でのそうめんとスイカの値段である。致し方ない。明日も労働し、銭を稼ごう。スイカを割るために。

 

ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ

ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ