ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ばいこうけんで旭川ラーメン(東京)

まったくもって存じ上げなかったのだが、梅光軒さんは旭川を代表するラーメン屋さんなのだそうだ。昭和44年に開店して以来、約50年間もの間、人気であり続けるのはものすごいことである。

そんな梅光軒が東京にもあるらしいということで訪れてみた。ただ名前はひらがなで「ばいこうけん」。どういった意図があるのだろうか。

f:id:cattee:20170717004040j:plain

鮭節ラーメンという聞きなれないメニューがあったので、そちらをオーダーしてみたところ既にスープが終わってしまったそうだ。そんなに人気なのか。他に人気のメニューを尋ねると、みそバターラーメンとのことだったのでそれを注文。ついでにサイドメニューを頼もうとするも、フライヤーを落としてしまったそうで注文不可。まだ13時なのに。なぜだ。

それにしてもひさしぶりにみそバターラーメンというものを食べる。ラーメンにバターを入れるのは北海道というイメージがあるが、もはや時代遅れ、邪道感がある。豚骨や鶏ガラ、野菜、最近では魚介などでとったダシでつくるスープが正当のような気持ちになっていることに気付く。うまけりゃバター入れたっていいのに。

f:id:cattee:20170717004125j:plain

到着したラーメンは見た目も昔ながらのラーメンのよう。多めのもやし。太めのメンマ。コーンも入っている。麺は色薄めの細縮れ。これも懐かしい感じがする。まだラーメンがブームになっていない頃、中華屋で食べた味だ。

f:id:cattee:20170716234033j:plain

f:id:cattee:20170716234037j:plain

やあ、うん、でもやっぱりスープは全部バターにもっていかれるので、バターはなくてもいいなと思った。