ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



広東炒麺 南国酒家 東京駅店であんかけやきそば(東京)

あんかけ焼きそばについての知識を深めようと思っても、なかなか一筋縄ではいかない。いわゆる大衆的な中華料理屋さんの一メニューであり、高級店の高価格メニューでもあるから、どこで食べていいのかわからないのだ。しかしながらここはあんかけ焼きそばの専門店であり、あんかけ焼きそばを食べるために存在している店なのだからそれを食うしかないわけで、思う存分あんかけ焼きそばについての勉強ができるのである。

f:id:cattee:20170716235505j:plain


ということでもっともオーソドックスな五目具だくさんあんかけやきそば(1250円)を注文。ものの3分ほどで到着。早い。餡ははじめから作ってあるのだろう。さすが専門店だ。

f:id:cattee:20170716235515j:plain


具だくさんというだけあって、かなりの量と種類の具材だ。白菜を中心にたけのこ、シイタケ、青梗菜。海鮮は海老といか。さらにチャーシューは2種類入っている。

f:id:cattee:20170716235523j:plain


麺は当然焼きが入っているので少々硬め。ちなみに店員さんに聞いたところでは蒸し麺が基本だが、茹で麺にしてもらうこともできるそうだ。

f:id:cattee:20170709234827j:plain
餡は相当に粘度が高く、ドロリとしていた。しかしながら隣のお客さんのそれを見たところ、明らかに僕のとは違っていたのでこのあたりは調理するひとによって振れるのかもしれない。

麺を食べ終わったころには餡も同時に消滅していた。かなりの濃厚具合。あんかけ焼きそばについて本気出して考えたい人はこちらのお店がおすすめ。

 

【 ペヤング 】 ソース やきそば プラス 【 納豆 】 126 g × 3 個