ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



麺屋武蔵 神山で神山らーめん(神田)

泣く子も黙る麺屋武蔵である。はじめて食べたときはチャーシューに衝撃を受けたものである。こちらのお店ははじめて。ずっとシンザンだと思っていたのだが、カンザンらしい。神田だからかな。

f:id:cattee:20170716234923j:plain


神山らーめん(1100円)を注文。チャーシューのコストがかかるのは理解できるが、やはり高い。これはどこの麺屋武蔵にも共通なので、そのあたりは店のコンセプトなのだろうと思う。

さて、到着したラーメンはやはりというか、チャーシューのインパクトがすごい。

f:id:cattee:20170716234941j:plain

まずかぶりつきたくなる肉で、これがまた柔らかくおいしい。少々脂っこいので、これだけの量は必要ないが、いつも頼んでから気付くことになる。

f:id:cattee:20170709234842j:plain

f:id:cattee:20170709234845j:plain


スープは魚介系でかなり甘い。昔はこれが流行りだったんだなあと少し懐かしくなる。麺屋武蔵としてのブランドコンセプトとしてこの味を継承してくことは大切で、いついってもあの味という安心感を与えてくれることは必要だと思う。

f:id:cattee:20170709234849j:plain

反面、斬新な味に出会いたい、いま流行のスープを味わいたいという人には少々物足りないかもしれない。とはいえ、隣にいた大学生らしきグループはおいしさに感動していたから、この味は守っていくものなのかもしれない。そしてどうやらつけ麺が人気だったようだ。次回はつけ麺をいただくことにしよう。

 

麺屋武蔵 ビジネス五輪書

麺屋武蔵 ビジネス五輪書