ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



SCHMATZ KANDAでドイツビール(神田)

SCHMATZ(シュマッツ)とは一体なんじゃと考える。週末という言葉をドイツ語風の発音にしているのではないか。週末→解放感→酒を飲めるという連想ゲームでビアバーをアピールしているのかもしれない。などと妄想していたのだが、答えはちゃんとしたドイツ語で「幸せの音」という意味らしい。やや、この日は週末だったから別に週末ということでいいじゃないか。「週末神田」。最近のアイドルグループみたいな名前になったし、そんなに悪くないでしょう。

またしても仕事からの閉店間際の駆け込み酒だったものだから、最初っから黒ビールなんか頼んじゃって。ハッフェンストッフという銘柄。価格は全て650円とのこと。

ビールは詳しくないのだ

f:id:cattee:20170611174101j:plain

けれど、苦味が強いものが好みである。ホップの苦味というか、単純に味が苦いのがいい。

ドイツ料理、ビール。そりゃあソーセージも頼まなければいけない。ということで3種盛り(1450円)をオーダー。これだけで永遠にビールが飲める。

f:id:cattee:20170611174109j:plain

f:id:cattee:20170611174120j:plain


ダメ押しでジャーマンポテトなど。これで駆け込みビール3杯いけるんだから、すばらしいお店だと思う。週末は神田で僕とビール。