ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



親子丼専門店 ○勝で親子丼(銀座)

親子丼専門店ができたと聞き行ってみたいなあとぼんやり思っていたら、思いの外早くそのチャンスがやってきた。

銀座駅から徒歩3分ほど。篝の行列を横目に入口を入り階段をのぼると、券売機がどーんと置かれている。

f:id:cattee:20170604185934j:plain
メニューは4種類。特上である名古屋コーチンの親子丼と、信玄鶏の親子丼。それぞれに醤油と塩がある。

せっかくだからやはりここは特上であろうと二千円を投入し、震える左手を右手が固定しながら特上1460円のボタンを押した。

店内に入るとお昼時だというのにお客さんはいない。まだあまり話題になっていないのか、それともやはり篝の近くという立地がよくないのか。

f:id:cattee:20170604215006j:plain


食券を渡すとさっそく調理に入る。なんというか、完全にイメージの話なのだけど、コンロがIHというのにちょっとびっくりした。やあ、まあそういう思い込みよくないですね。

5分ほどで卵がキラキラと輝いた親子丼が到着。中央の卵黄が美しい。

f:id:cattee:20170604214957j:plain



まずはそのまま鶏肉を一口。さすが名古屋コーチンだけあって歯応えがあり、甘い。親子丼の鶏肉は柔らかいイメージがあったので、ここまで主張する鶏肉ははじめてだ。

f:id:cattee:20170604185937j:plain


醤油感は少し弱め。卵黄を崩すとさらに卵感が強まるので、後半までとっておくのがよいかもしれない。

f:id:cattee:20170604185938j:plain


途中で鶏スープが出てきて、これが口直しになる。

f:id:cattee:20170604215119j:plain


これが1460円の親子丼だ。なんだかレベルアップした気がする。この親子丼に恥じぬ振る舞いを心掛けなければいけないと思った。

 

ヨシカワ ステンレス親子鍋 (ステンレス親子鍋蓋付き) 16cm YH9693

ヨシカワ ステンレス親子鍋 (ステンレス親子鍋蓋付き) 16cm YH9693