ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



匠家で飛騨牛握り(岐阜県・高山)

飛騨牛の串焼きを食べた結果、飛騨牛中毒と化してしまった僕は飛騨牛の握りを探した。「探した」というのは飛騨牛の握りを提供する店は無数にあって、しかしその全てがおいしいわけではないんじゃないかと考えたからである。価格帯が似たようなものであれば、少しでもおいしいものを食べたいと思うのは自然な感情だと思う。

f:id:cattee:20170507122556j:plain

そうしてこの店に辿り着いた。ここを選んだ理由は肉屋だったからである。隣が肉屋で赤身の肉を売っている。そしてさらにその隣は焼肉店となっていて、大層繁盛していた。握りは外のカウンターから注文できる。

f:id:cattee:20170507122549j:plain

既にたくさんの人が握りや牛串をいまかいまかと待っていて、飛騨牛に対する熱気がムンムンだった。ということで注文してから15分ほど待って、ようやく握りを受け取ることができた。

f:id:cattee:20170507122602j:plain

シャリと合わせるなら赤身のほうがよいかなと、トロのほうではなくて通常の握り寿司(500円)を注文したのだが、脂はしっかりとのっている。少し炙ってあるようで甘い脂が溶けつつ、さらに甘めのタレがかかっている。さすが肉屋の飛騨牛、シャリは少しべちゃつきがあったが、肉の旨味が補って余りある。

f:id:cattee:20170507122607j:plain

これで飛騨牛欲はかなりおさまったが、これ焼肉だったらもっと幸せだったろうなと思う。次回こそは。