読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



あぶらやで馬の血管(長野県・伊那北)

せっかくなのでもう一軒と駅前をフラフラ歩いていると雰囲気のある店構えをした居酒屋を発見。少しお酒が飲みたいと思っていたのでこちらに入ってみる。

f:id:cattee:20170429165349j:plain

f:id:cattee:20170429165400j:plain

f:id:cattee:20170429165405j:plain

f:id:cattee:20170429165426j:plain

 

地酒が充実していたので、天堕を注文。はじめて飲んだがかなり辛めですいすい飲める。お通しがホタルイカは嬉しい。

f:id:cattee:20170429165436j:plain

 

さて何を食べようかとメニューを見ていると、「馬の血管塩炒め」(600円)というものを発見。大将に馬の血管ってあの血管?と尋ねてみたところ、「あの血管だよ」という。それはなかなかに興味深い。
見た目はたけのこのようで見るからに硬そう。食べてみるとコリコリしていて、歯応えがある。はじめて食べた味というわけではなく、馬の血管とはこういうものなのだなあという感想でしかないが、その土地のものを味わえることは幸せなことだなあと思った。

f:id:cattee:20170429165449j:plain

その他には春野菜の天ぷら(800円)といかバター焼き(700円)を注文。どちらも丁寧に作られているのが感じておいしかった。とにかくお酒がすすんでしまうから、結局4合ほども飲んでしまった。

f:id:cattee:20170429165505j:plain

f:id:cattee:20170429165511j:plain

 

常連さんらしき人たちが手巻き寿司をたくさん頼んでいてとてもおいしそうだったが、さすがに満腹だったので注文はしなかった。お米は地元の無農薬米を使っているらしいので、無理してでも食べればよかったかもしれないと少し後悔。

次の日に予定がなければずっと座っていたいほど居心地の良いお店だった。