ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ポワンタージュでミルクフランス(麻布十番)

麻布十番で人気のパン屋さん。なぜオシャレな店の店頭には自転車がとまっているのか、という10万回は考えたであろう疑問は捨ておいて入店。入ってすぐ右の食パン棚がAM11:00の時点でスカスカだったから、人気の程が分かる。

f:id:cattee:20170423152226j:plain

f:id:cattee:20170423152233j:plain


店内はイートインもあり、パン以外にも惣菜が売られている。今回はテイクアウトでおじゃました。

f:id:cattee:20170423152259j:plain

f:id:cattee:20170423152305j:plain

とにもかくにもミルクフランスだろうということで、棚の上のかごに入ったミルクフランスを注文。話ではハード系もあるということだったが、この日は一種類しかなかったのでソフトのほうを購入。横にチョコミルクフランスもあったのでそちらも。

f:id:cattee:20170423152244j:plain



生地のパサつきは気になったが、フィリングがおいしく、人気商品というのも頷ける。やはりチョコよりもミルクのほうがよい。

ハード系も気になったが、デニッシュが食べたかったのでいくつか購入。

めずらしい黒豆のデニッシュ(260円)、ポワール(250円)、ショコラバナーヌ(250円)、渋皮栗デニッシュ(300円)。買いすぎ。

f:id:cattee:20170423152317j:plain

f:id:cattee:20170423152322j:plain

f:id:cattee:20170423152326j:plain

f:id:cattee:20170423152332j:plain


生地がちょっと硬めで噛み切りにくさは感じたが、総じて具材がおいしく、バランスも良い。立地もあってかお値段はかなり高いが、これだけおいしければ繁盛するだろう。

僕のあとに老紳士が颯爽と入店され、

「ミルクフランス20本」

と男前な買い方をされていた。これがこのお店の正しい姿なのかもしれない。僕はまだそこまでの腕力はないので、5本くらいからチャレンジしたい。

 

cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.181 (柴田書店MOOK)

cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.181 (柴田書店MOOK)