ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



四条富小路 麺屋虎杖でカレー担々麺(有楽町)

「虎杖」という難読漢字を知ったのは築地でカレーうどんをいただいたときだった。調べてみるとタデ科の多年草と出てきた。それ以来この漢字の読み「いたどり」を忘れることはなかった。
有楽町に3月にオープンしたこのお店も「虎杖」で、聞くと築地の虎杖と同じ会社が運営しているとのこと。なるほど、なるほど。築地虎杖のカレーうどんはしっかりとおいしかったので、こちらのカレー担々麺もきっとおいしいはずだと、早速足を運んでみた。

f:id:cattee:20170415122637j:plain

f:id:cattee:20170415122600j:plain


交通会館というサラリーマンランチにとってすばらしい立地、しかし競争が激しいところにお店を構えるのはなかなかに勇気がいることだっただろうと思う。見ると担々麺のほかに肉も謳っている。それならばとカレー担々麺(780円)とハラミ焼きごはん(480円)をオーダー。

まだあまりオペレーションがうまくいっていないようで、厨房のほうからはいろいろと不穏な声が聞こえてきていたが、聞こえないフリをして待機。10分ほどで着丼。

f:id:cattee:20170415122712j:plain


青梗菜が美しく盛り付けられており、白髪ねぎ、糸唐辛子の彩りが良い。麺は細麺でつるつるとしてパツっと切れる。もう少しコシがあってもとは思ったが、こちらはあくまでスープが主張するタイプなので、このぐらいでもいいのかもしれない。

f:id:cattee:20170415122554j:plain


スープはそれほどカレーが主張しているわけでもなく、担々とのバランスを重視させたような控えめな味わいがある。スパイス感はしっかりあるので、それなりに辛い。卓上調味料で調整してもいいかもしれない。

f:id:cattee:20170415122555j:plain


ハラミ焼きごはんも到着。サイドメニューとしては肉がしっかりのっていたが、480円と考えれば少し高いかな。夜メニューにあるハラミステーキの端切れ部分(はちょっと言い過ぎだけれど)といった感じ。だからといってまずい肉というわけではないので、お値段を気にせずおいしいご飯を追加したいという方には良いと思う。

f:id:cattee:20170415122732j:plain

f:id:cattee:20170415122556j:plain


カレー担々麺というジャンルをメインに展開して、業界を切り開いていくという男気は良いと思う。一ジャンルとしての地位を築けるようがんばってほしい。店員さんが慣れた頃に再訪したいと思う。

 

ごつ盛り 担々麺 133g×12個

ごつ盛り 担々麺 133g×12個