読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



クックパッドのレシピが怖い

先日、ひさしぶりに自炊でもするかと料理をしてみた。しかし料理なんて滅多にしないものだから、細かいところが分からない。そうなると我々こと現代っ子はネットでレシピ検索などをするわけですが、出てくるレシピの数々がすごいなということにいまさら気付いた次第。

 

全然レシピじゃない

「料理名+レシピ」で検索すると、真っ先に出てくるのはクックパッドだ。てきとうなレシピをクリックするとレシピが出てくるのだが、それがもうすごい。

例えばあるレシピは

  1. 鍋の中に材料を全部入れる。
  2. 茹でる
  3. 終わり

ということらしい。

いや、まあ、分かる。分かるよ。そうだよね。確かにそれでできるであろうことは僕も分かっている。でも、茹で方もいろいろとあるじゃないですか。火加減とか。ないのかな。全部まとめて茹でていい料理なのかな。

みたいなレシピが山ほどあってすごいなと思いました。ちゃんとしたレシピもたくさんあるんですが、ランキングを見るには有料会員にならなければいけないなどのハードルがあって、僕には無理でした。

あと砂糖水っていうレシピは工程が4つあって、それはそれですげえなって思いました。

 

クックパッド芸人なるものがいるらしい

これは有名な人のレシピですが、クックパッドにはまったく参考にならないおもしろレシピを投稿することに情熱を傾けている芸人さんがいるらしいことを知った。

 

f:id:cattee:20150808015201p:plain

 

食べログには「食べログ文学」なるものがあるらしいが、クックパッドにもこんなに醸成された文化が根付いていたのか。少々憧れてしまう。

そしてクックパッドユーザーはどうやって本物のレシピを探しているのだろうか。それともクックパッドとはもはやネタレシピを楽しむ場所なのだろうか。今後も注目したいと思う。

 

ではまた。