読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



鳴龍で担々麺(大塚)

僕は数年前に香港に住んでいたのだけど、当時知人から自宅近くに有名な担々麺屋さんがあると聞き、さっそく食べにいってみたところ、予想していた担々麺ではなかったという思い出がある。なんというか味が薄い、肉が少ない、麺が白い。ドロリとした挽肉たっぷりスープを想像していたからか、かなり面喰った。しかし、食べ進めていくとこれがなんともうまい。日本の担々麺も美味しいけれど、香港の担々麺はもうまったく別の食べ物という感じで楽しんでいた。

今回この鳴龍で食べた担々麺は香港のそれに近い懐かしい味がした。

f:id:cattee:20150628233454j:plain

f:id:cattee:20150628233630j:plain

行列を避けようと14時ころに行ったにもかかわらず10人くらい並んでいた。醤油拉麺や塩拉麺も美味しいらしいが、気持ちは担々麺一択。20分ほど待ってから入店。

f:id:cattee:20150628233746j:plain

担々麺(味玉トッピング)はとても上品。

具は挽肉とネギのみ。そして麺は白い細麺。香港っぽい。スープを一口いただくと、すごくあっさりしていて香港時代の記憶が蘇る。

挽肉にはナッツが入っていて、これも香港では必ず入っている味。一口だと少し物足りないかもしれないが、食べているうちに胡麻の香りとほどよい辛さが癖になってくる。

あっという間にスープまで飲み干して完食。癖になる味。香港が懐かしくなったらまた来よう。