ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



★焼肉

ホルモン焼肉 うまうまでハラミ(末広町)

ホルモン食べたい、ホルモン食べたいと駄々をこねていたら、後輩が「ここ行きましょう」と見つけてくれた。遠目から看板を見たら、店名の「うまうま」の下に牛の角があり、「うまうまい」に見えて、「あれ見てよ、うまうまいだってー」とゲラゲラ笑うなどし…

西日暮里 ホルモンで極太ハラミの1本焼き(西日暮里)

いろいろといっておきたいお店があって、ここもそんな店のひとつ。いつもいつも満席でフラれていたので、もういやんって拗ねていたが、ようやくタイミングと店の混雑状況が合い、訪問することができた。やっぱりホルモン焼き屋ではハラミが食べたい。という…

元祖おとしダレ ウルフ 東京神田店でおとしダレ焼肉(神田)

最近、若い人とご飯に行くことが多い。おじさんとしては誘ってもらえるだけ嬉しいことだ。必死に耳の裏側を洗っている成果だと思っている。しかしながら、若い人たちは例外なく肉が好きであり、ここがおじさんには辛いところである。肉、そんなにたくさん食…

GROWで焼肉(日本橋)

賃貸派と持家派の論争は結論の出ない問題である。もっとも不毛なのはお互いに対してどっちが得だ、損だと言い合うことだろう。価値観の違いや相場、時代の趨勢などが多分に含まれる問題であるので、一概に損得で語れる問題ではないのだと思う。東京の少々お…

俺の焼肉 銀座4丁目店で焼肉(銀座)

知人に呼ばれて訪れた俺の焼肉屋さん。最近は「俺の」とついていても俺の株式会社なのかどうかよくわからない状況なっていて、街中で見知らぬ「俺の」を見かけると、「俺のシリーズ、完成していたの!?」となるわけで、そうなると「負けてらんないの、あん…

牛恋 神田店でひとり炙りユッケ(神田)

飲み会に呼ばれてこの店にやってきたわけだが、待てど暮らせど他の連中がやってこない。 ぼく、いじめられているのかな、と地面に指でまるを書いたり、生中を2杯とハイボールを飲んであぶりユッケとチャンジャを食べていたら、30分ほど遅れてみんなが到着。…

萩の茶屋で長太郎と肉(高知県・土佐市)

高知2日目。高知在住の友人がどうしても連れていきたいと車にのって30分。オープン前に到着するのが無難とのことで、地元でも相当人気店なのだろう。事実、到着してまだ少し時間があったので車の中で待機していたら、どんどんと駐車場に車が入ってきて行列が…

天狗で焼肉(錦糸町)

焼肉とは難しいものだ。肉の好み、焼き方、作法など、いろいろと考えるべきポイントがある。自分などは若手の頃に厳しい先輩社員から焼肉の作法を教わり、タレ肉の焼く順番を間違えたときは激怒されたりもした。最近の若手にはのびのびと焼肉を楽しんでほし…

焼肉LAONで焼肉(神田)

なんだか肉が食べたいなあと思い、席が空いているか確認の電話を入れたところ30分後に空くとのこと。では30分後に伺いますとぴったりの時間にいったところ、まあ、席は空いておらず、外で20分。なんだかヒラヒラとした韓国人の方が出てきて、どうぞという。…

昭和大衆ホルモンで予想外のユッケ(神田)

なんとなく遅くまで仕事をしていたら、肉食いたいですという若手社員がやってきて、僕もまあそろそろという空気ではあったので、じゃあまあいきますかという感じのよくあるだらっとした飲み会。どこでもいいよと伝えると入口にロボットがいる肉屋があります…

東京苑でレバー(大塚)

最近はなかなか肉が食べられなくなってきて、一人や二人でいくとあまり種類が食べられないものだから、焼肉屋から少し遠ざかっていた。そんなときに知人が誕生日を祝ってくれるというから、それならばうまい肉を食わしてくれとリクエストしたところこちらの…

匠家で飛騨牛握り(岐阜県・高山)

飛騨牛の串焼きを食べた結果、飛騨牛中毒と化してしまった僕は飛騨牛の握りを探した。「探した」というのは飛騨牛の握りを提供する店は無数にあって、しかしその全てがおいしいわけではないんじゃないかと考えたからである。価格帯が似たようなものであれば…

六拾番で飛騨牛串焼き(岐阜県・高山)

一本1000円である。当日は天気が良く、5月初旬というのに少し汗ばむほどの陽気だった。少し惚けていたのだと思う。確かに飛騨牛は食べたかった。しかし飛騨牛の串焼きを売っている店舗はたくさんある。それでもここで購入に踏み切ったのはこの1000円という価…